FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文学フリマ終了 

お立ち寄り頂き、ありがとうございました。
歴史・古典はかなりお詳しい方が多い感じで、ちょっと緊張でした…。
でも、お陰様で既刊の『夢うつつ』と『花蟷螂』は完売致しました。重ねてお礼申し上げます。
新刊もお手に取って頂けて良かったです。
次回参加は未定です。

でも人の作品とかを見ると自分も書きたくなるなー
あるある!
スポンサーサイト

新刊と既刊 

23日の文学フリマに持って行く新刊と既刊のお知らせです。
唐突に女子高生百合も出すことにしたので、新刊は2冊です。

<新刊>

『朝顔連歌 春糸』
A5/200円/フルカラーコピー
突出ししたばかりの遊女、春糸は出店の朝顔に目を留める。
それは彼の人の思い出の所為なのかもしれなかった。
春糸とその姉女郎、吉乃井の関係を軸に、大見世・吉葉屋での遊女たちの日々を描く。
三部作の第一話。表題作一編収録。(この話で完結します)
因みに、以前書いた『夢うつつ』の花魁、谷川もちょっと登場します。


『青に飛ぶ』
A5/300円/単色コピー
美波はある日、天気雨のように笑う女子生徒を見掛ける。
偶然再会した彼女・環は、人違いだと言うが…。
図書委員の仕事から、二人は心を通わせていく。
水泳少女と文学少女の、女子校での百合風味の物語。
表題作一本収録。


過去の既刊もすべて持って行きます。

<既刊>

『指』
B6/28P/300円/単色コピー(本文は上質紙・赤)
吉原芸者・松乃は、美しき花魁・小夜浦に魅かれていた。
ある日花魁から文が届き…。
嘘と真の間で憧れに殉じた時、松乃は何を思うのか。
表題作一編収録。

『花蟷螂』
A5/44P/300円/単色コピー
江戸吉原を舞台にした短編。
「生」の意味を模索する花魁と、彼女を慕う禿の半生を、
それぞれの視点を交えて描きます。表題作一編収録。
残部少。

『夢うつつ』
B6/28P/300円/単色コピー
吉原の花魁を題材にした短編小説集。
田舎から売られて来た少女が「吉原」と対峙する『育つあし』、
見世番・茂助の視点で花魁の女郎として、女としての顔を見る『夢うつつ』
の二編収録。

『海ヶ丘モノローグ』
A5/20P/200円/単色コピー
千慧はあることから、クラスメイトの志央と距離を縮めて行く。
彼女に対して抱く思いが何なのか、自分でも分からずにいる。
表題作一編収録。

『ふたり』
A5/40P/300円/フルカラーコピー
あのひとのところへ行く彼を、私は止めることが出来ない――。
裏世界の男を巡る本妻と愛人、その周りの人々のメロドラマ群像劇第1話。
表題作他一編 (第2話) 収録。

『澪のサカナ』
A5/56P/300円/フルカラーコピー
誠は孤児院を出てから辿り着いた新宿で、ある男と出逢う。シリーズ第3話。
表題作他一編 (第4話) 収録。


宜しければお立ち寄りください~。

すみません 

来週(!)の文学フリマの新刊なんですが、
『朝顔連歌』の第一話を全面的に書き直すことにしました。
変わってしまって申し訳ありません。なんだか不完全燃焼でして…。
面白くなるように頑張ります。

現代百合も書きたいのですが…
気持ちだけ空回り…

第二十五回文学フリマ 

11/23の文学フリマ東京に参加します。
配置は

イ-39 「梨と蜜柑」

です。

今回は初めて「小説/歴史・古典」でブースを取ってみました。
歴史というか時代小説ですが…。
春に出した『朝顔連歌』の第二話を新刊として出す予定なので、
宜しければお立ち寄りくださいー。

文学フリマ終了 

昨日、文学フリマに参加してきました。
お立ち寄り頂いた方々、ありがとうございました。


| HOME | NEXT
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10« 2018/11 »12

プロフィール

月岡朝海

Author:月岡朝海
創作の小説で同人誌などを書いております。
ぽつぽつ活動中。
インフォメとか、日々思ったこととかを書いてます。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。