FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファム・ファタル 

映画「私の男」を観てきました。
原作は未読ですが、「二人」という関係性の特異さに、昔から興味があったので。
主観と主観のみで構成される世界って面白いなぁと。

でもこの映画は、私の食指が動く関係性ではなかったですねー。
二人の関係を表す描写が、セックスしかなかったからかしら。
(直接・間接含めそういうシーンに割く時間が長すぎて、インパクトが強いのかも知れませんが)
セックスはあってもいいけど、それは結果だからなぁ…。

男性側からの視点というのもあって、女の子がファム・ファタル的でしたね。
ラストシーンの二階堂さんの美しさたるや…!

なんか、谷崎の「痴人の愛」を思い出しました。
悪女ものとして名高い作品ですが、昔ゼミの先生が言ってた
「あれは自分で悪女になるよう育てただけで、ナオミはただの優等生に過ぎない」
って説を、私も採用してるので。

映画は時間構成が原作と逆らしいですね。
「俺はお前のものだ」という台詞から始まっているので、余計にそう見えます。


最近、ファム・ファタルって言葉をちょこちょこ耳にします。
リバイバルしてるんでしょうか。
本来の意味は「運命の女」で、
その人の為なら何故か何でもしてしまう、そんな業から逃れられない、みたいな意味ですよね。
ナルシスト的だし責任転嫁だし、あんまり好きじゃない言葉です。
カルメンもマノン・レスコーも一生懸命生きてたのにさ。

しかも最近は、ただの「悪女」という意味で使われてる気がします。
悪そのものを転嫁してるってことなんでしょうか。

まぁでも二人という関係性から来る思い込みだと考えると、
面白い言葉かも知れませんね。
スポンサーサイト
| HOME |
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
06« 2014/07 »08

プロフィール

月岡朝海

Author:月岡朝海
創作の小説で同人誌などを書いております。
ぽつぽつ活動中。
インフォメとか、日々思ったこととかを書いてます。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。